自分に合う時期に購入

1万円札束の上に小さなビジネスマン

投資マンションを行う方は、それぞれの考えを持った方が行わられていると思います。退職期をさかいに、年金生活だけでは不安なこの時代、投資マンションを建築し、賃料収入で老後の生計を立てたいと考えている方、またサラリーマンの方で、仕事はやめたくないが、今よりも楽な生活を送りたいと願っている方が確実な投資として投資マンションを事業として、される方がおられます。投資マンションの経営は、経営状態さえ維持できていれば、株とかの投資とは違い、末長く付き合いが出来る事業であります。サラリーマンの方が投資マンション事業に参加する考えは、早ければ早いほど、建築費が返済出来、 程よい生活が待っている、人生が遅れると考えます。

健全な投資マンションの経営を行うには、やはり自身が介入して経営を見守ることであります。夫婦なら、夫がサラリーマンで仕事をされているなら、奥さんが管理人として在中し、管理を行う。また経営者の家族で誰もが管理を手伝う家族経営も良いでしょう。第三者に委託、任せてしまうと、どうしても関わる機会が減ってしまい、改良点も日頃関わっていないと、浮かんできませんし、どんどん時代に取り残され、最後には経営悪化で投資マンションを売却しなければならなくなります。そうならないためにも、経営には参加しましょう。またマンションにかかる費用、固定資産税、都市計画税は忘れずに納付しましょう。差し押さえなどの処分になれば、経営の悪化を招きますので、常に管理に関わることが成功の元であります。